Somewhere Anywhere

日々の雑感を写真と共に

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

開催中  

1104291.jpg



今日はとても充実した一日でした。
福岡市美術館に行って、額装された我が子をチェック。
それから溜息の出る先生方の書をじっくり眺めてきました。

久しぶりに会う教室のお仲間さんとは話が止まらず、
悩みとか悩みとか悩みとか(笑)
だいたい同じ頃に始めて同じくらいのペースで進んでいたこともあって
お互い言いたい事が分かる仲間って本当にありがたいって思いました。
悩みもだいたい同じだし(笑)

身内びいきを差し引いてもとても良い書展でした。
ここで習って本当に良かったと思ったし
改めて頑張ろうと思ったし。

残りあと2日となりました。
書にはあまり興味ないと思われる方も、
騙されたと思って見に行ってみてください。
きっと何か感じるものがあると思います。
スポンサーサイト

category: 書展

tb: 0   cm: 0

始まりました  

今日から書展が始まりました。
大濠公園内の福岡市美術館にて、5月1日まで。
私は29日(時間未定)と30日午後に会場にいます。

遊びに来てね~


sakura113.jpg

写真の場所はいつもの城内。
フィルムは期限切れの業務用ネガ400を使ってます。

category: Nikon FM2

tb: 0   cm: 1

春江花月夜  

書展に出している詩です。

sakura112.jpg


春江潮水漣海平
海上明月共潮生
灔灔隨波千萬里
何處春江無月明
江流宛轉遶芳甸
月照花林皆似霰
空裏流霜不覚飛
汀上白沙看不見


春の川に満ちている潮は海まで平に連なり
名月が海上に潮が満ちてくると共に出てきた
波に映った光は遙か彼方まで続き
春の川のどこに光が届かぬ所があろうか

川の流れは花の咲く野原を緩やかに曲がり
月は美しい花の咲く林を照らしてまるで霰のようだ
空中を飛ぶ霜はこの月明かりにまぎれて分からず
汀の白砂は月明かりの白さかどうか看ようとしても見えない


「春江花月夜」
このタイトルを覚えている方はいらっしゃるでしょうか。
以前の書展でも後半の一部を書いて <こちら> で紹介した事があります。
この詩はもっと長くて今回書いた部分は全体の1/4ほどです。

作者の張若虚は初唐の代表詩人で、これほどの美しい詩を作りながらも
残っているのはたったの2篇だとされています。
「春江花月夜」は2000年近い時を生きた、まさに不朽の名作ですね。

詩形は律詩や絶句が現れる前の古詩(七言古詩)で
「春江花月夜」は楽府題のひとつ。
まず曲があってそれに詩を付けて作られた歌、民謡を「楽府」といい
楽府(曲)のタイトルを楽府題といいます。
つまり上の詩は「春江花月夜」というタイトルを拝借して作ったということになります。

でももし「春江花月夜」という曲に惹かれて作ったんだとしたら
と想像したくなります。
こういう詩が付けられるくらいだから抒情的な美しい曲だったでしょうね。

category: 書展

tb: 0   cm: 0

書展のご案内  

sakura111.jpg

来週の火曜日から書展を行います。

私の先生の師であった故・殿村藍田を偲んで
九州内の書家、生徒さんが出品しています。
私のはさておき、殿村先生の作品も展示されますので是非ご覧になって下さい。
隣の部屋ではハンブルク浮世絵コレクション展が開催中ですよ~


 『春秋書展』
会期 : 4月26日(火)~5月1日(日) 9:30~17:30
会場 : 福岡市美術館 特別展示室B


もし連絡頂ければできるだけ会場に駆けつけますのでお会いしましょう!

category: 書展

tb: 0   cm: 4

まんじゅう色々  

「太宰府といったら梅が枝餅」
というのがピンと来ない人のために
「伊勢といったら赤福」
のようなものです。

umegaemochi.jpg

梅が枝餅はこんがり焦げ目がなきゃね♪
せっかち色白さんはダメよ。


天満宮の中にはこんな所にも梅が隠れています。

umemark.jpg

梅が枝餅は一年中同じように食べられますが
桜の時期に食べたくなるのは桜餅。
葉っぱは柔らかければ食べる派です。


yuuhisakura.jpg

桜餅の季節が過ぎたら柏餅。
柏の葉っぱがふっくらした子供の手に見えませんか?

柏餅の次はみょうが饅頭。

両親の里の熊本では家庭でよく作っていました。
みょうがの葉でくるんで蒸してあるのでみょうがの風味がしみ込んでいて
その香りだけでも十分美味しそうなんです。

手作りできたてをすぐいただくのがいいのですが
最近は家で作るところも少なくなってあまり口にしなくなりました。
みょうがは庭にたくさん生えるので自分で作ればいいのですけどね。

ああ!あの蒸したてほやほやのみょうが饅頭を皆さんに食べさせたい!

category: 食べ物

tb: 0   cm: 8

今年の桜  

こんな立派な桜があるのに全然話題に上がらないのが不思議。

香椎宮にて

ksakura1.jpg


ksakura2.jpg


来年は日本各地でお花見ができますように

category: 植物

tb: 0   cm: 2

影踏み  

110406.jpg


童心に戻ってやってみると楽しいよ

category: 雑記

tb: 0   cm: 4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。