Somewhere Anywhere

日々の雑感を写真と共に

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

50mmの女  

flower7509.jpg


ここのところずっと単焦点レンズばかり使っていたら、
久々ズームレンズを付けたカメラを使った時も
「うまく入らないなあ」 と、前に行ったり後ろに下がったり。

かなり撮った後、ズームが使えることに気付いて苦笑い。
カメラを持つと 無意識に前後左右に動いてしまう癖が付いてしまったようです。

category: 植物

thread: 花の写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 2

コメント

お久しぶりです

新居設置おめでとうございます。
cahier de photo と共に楽しく拝見させていただいています。

最近は性能の良いズームレンズが増えてきたので
つい忘れてしまいがちですが、大切な基本だと思いますよ。
ズームレンズだと画角や被写界深度も連動して変わりますので,ズーム操作することは細かくレンズ交換をしていることにもなるのです。
単焦点レンズ全盛期の時代(多くの場合35ミリフィルム使用の50ミリレンズで撮影)
撮影初心者は、一様にあれもこれも一枚に写し撮ろうとして後ろに下がってしまうので、結果何が撮りたいのかが不鮮明な写真になってしまいがちでした。
携帯に多くの機能を詰め込んでしまうのを例に出すまでもなく、なんでもかんでも詰め込んでしまうのは日本人の(本質)性なのかもしれません

学生時代には報道写真だけでなく通常撮影でも「他人より一歩でも二歩でも前に出て撮影するように」と教わりましたよ
南沙織さん(シンシア)のご主人による有名な
「良い写真を撮るにはね、ぐっと前に出てシャッターを切る…」 (あいまいな記憶)
というCMもオンエアされたくらいです。
これが理解できる人は… 苦笑

「不要なものはできるだけ写しこまないように引き算をする」ということですかね。
でも 度が過ぎると足し算しなきゃいけなくなりますよね

そうやって 武居さんの言うところの、ファインダーを覗いて気持ちの良いところを探す作業をするんですよね。
前後だけでなく上下左右も含めて光線の反射具合も考慮するので、単純ではないのですが
だからこそ楽しい時間でもありますよね。

でこうやって出来た一枚
素敵な一枚だと思います。

ezawa #I4t1ZHtI | URL
2007/05/11 22:27 | edit

ezawaさん
お久しぶりです。
見ていただいてありがとうございます。

一枚にあれもこれも、というのはまさしく3年前の私のことです。
先生からの最初の宿題は「撮りたいものを大きく撮りましょう」でした。
マクロレンズを買ってからは更に寄ってばかりでしたが、
ここにきて色々なもの、雑多なものが写りこんでいるのにまとまっている、
というのを段々撮りたくなってきました。
もちろんいつ気が変わるかは分かりませんが・・・

最初がズームレンズだったので、その後単焦点に変えた時は不便だなと思ったものですが
慣れてしまうとそれが当たり前のようになるのですね。
自分で動いて探った方が面白いような気がします。
ファインダーの中では一応決めたつもりでも、まだ自信がないので、
露出や構図を少し変えたものを保険として何枚か撮ってしまいます。
「この一枚!」という思い切りはなかなか持てません。

篠山紀信のCMは残念ながら記憶が・・・ スミマセン。
ぐっと前に出るというのは、気持ちもということなのでしょうね。
確かに集中すると前のめりになってしまうし(笑

また何かお気付きのことがあった時は、教えて頂ければ嬉しく思います。

weavee #3un.pJ2M | URL
2007/05/12 01:13 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://somewhereanywhere.blog102.fc2.com/tb.php/13-73ec018b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。