Somewhere Anywhere

日々の雑感を写真と共に

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今月の一冊  

sakura2.jpg

池田晶子 「暮らしの哲学」

春・夏・秋・冬。
四季に分けてのエッセイ集。
春から始まり、冬を越して、また春で終わる。
2006年4月から2007年3月まで雑誌に掲載されたもので
著者は2007年2月に亡くなっています。



「今年もまた桜が咲きました。」
「当たり前のことのようだけれども、この当たり前のことが、年々歳々、
深く感じられるようになるのは、どういうわけなのでしょうね」

私がこの本を手に取ったのは、なぜ春や桜が人々にとって特別な意味を持つのか
ということを書いたこの記事に引かれたからです。



20年近く行っていない桜の咲く公園があります。

あの日から 公園の木もずいぶん大きくなったのだろうなあ。

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://somewhereanywhere.blog102.fc2.com/tb.php/476-b2fcea70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。