Somewhere Anywhere

日々の雑感を写真と共に

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

瀬戸内国際芸術祭【三日目・女木島】  

最後の体力振り絞って、「瀬戸内国際芸術祭」旅の締めは女木島です。
長々と引っ張ってきましたが、瀬戸芸の旅メモは今回で終わりなので
もう少しだけお付き合い下さいね。

megi1.jpg

男木島を十分に見て回ってランチもして13:00発のフェリーに乗り
20分で女木島に上陸です。
ここに桃太郎伝説があることを今回初めて知りました。
かつて観光の目玉になっていたのか、鬼が島洞窟は絵にかいたような昭和的観光スポット。
港からバスで10分くらい山に登った所に鬼がお出迎え。

megi2.jpg

洞窟の中では鬼たちのこんな様子が・・・

megi3.jpg

ね、レトロでしょ。

megi4.jpg

「桃太郎=岡山きびだんご」というイメージしかありませんでしたが、ここは香川県。

megi5.jpg

ちょっとしたハイキングコースになっていて、頂上からの眺めが気持ちいいのです。

megi6.jpg

高松市がこんなに近くに見えます。
ちょうど福岡市と能古島くらいの距離感かな。

megi7.jpg

高齢化、過疎化、子供が少ない、というのはどの島に行っても聞こえてきますが
こんなに高松市に近い女木島も例外ではないようです。

megi15.jpg

島内唯一の小学校、女木小学校は平成17年で休校。
その校舎を使った「福武ハウス」の中で数人のアーティストがそれぞれ教室を与えられ
作品を置いています。
廊下や教室には子供達の絵や、ポスターや、当時を偲ばせるものがたくさん残っていて
「現代」の著名な作家の作品よりもそちらの方に気を引かれました。

megi8.jpg


学校の塀にも絵が。
megi16.jpg


こちらも休校中の女木保育所。

megi10.jpg


今は大人が描いています。
megi9.jpg


作品は港のそばに集まっているので高松に戻る船が出るまでのんびり見て回れました。

megi11.jpg


megi17.jpg


鬼もいるし、モアイ像もあります。
megi18.jpg


megi19.jpg

海の傍の家は塀の高さが一階ほどもありました。

megi20.jpg

お迎えとお見送りのカモメ達。

megi12.jpg

女木港から高松方面を見ると怪しい雲が…
どうも向こうでは雨が降っているようですが、旅も終りなので平気です。
megi13.jpg

高松に着いて海を見るとそこには虹が!
消えない内にと慌てて写真を撮ると、それで最後のフィルムが終了でした。
デジカメのバッテリーも終了。
何と言うタイミング!

megi14.jpg


瀬戸芸では他のアートフェスティバルではあまり見かけないような年齢層、服装の人が多く
それだけ幅広い層の人たちが訪れたということですね。
グループではなく一人でという人も多くいましたが、
必ずしも一人旅がしたかった訳でもないようです。
ある会場で、受付のボランティアと一人で旅行中の女の子が長い間話をしていました。
「本当は友達と来たかったけど、こういうのに誘える人ってなかなかいない。
あまり興味がない人を連れてくるのも悪いし」
あ~、それすごく分かる。
おしゃべりの彼女は大勢でワイワイするのが好きそうな感じだったけど
作品ばかり見て回るのってオーソドックスな旅とは違うもんな~
私は趣味が合う友人がいてラッキーです。
私も一人旅は得意じゃないし(好きそうに見えるらしいけど)
感動した時に「ワー!」って叫べる人が一緒の方がいいな。

三日間、「わぁ~」だの「うぅ~」だの「ひぃ~」だの色々あったけど
友人は「もう一生こんなキツイ旅はない」と言い切るくらい充実した旅でした。
「またきっとあるよ」と慰めてはおきましたけどね。

うん、たぶんあると思います。
この日は21:30の夜行バスに乗って福岡まで帰りました。

これで終わりです^^
長いこと最後までお付き合い下さってありがとうございました!

category: 写真・アート

tag: 瀬戸内国際芸術祭 
tb: 0   cm: 2

コメント

そうでしたか~ここは鬼が島でしたか!

昔話。桃太郎に退治された鬼たちのその後の日々を見るようですねw桃太郎が去りし後、改心した鬼たちは女木島で暮らし、島民と力を合わせ観光にも一役買い過疎化に立ち向かい戦っていたのでしょうか…
行ったことのなくとも…廃校跡、昔の生活がしのばれる風景はどこか懐かしい感じがしますね。

naomiさん、旅の最後が虹で締めくくりだなんてラッキーでしたね♪楽しく読ませていただきありがとうございました^ー^

pocket7 #- | URL
2010/11/08 10:56 | edit

pocket7さん

いつもコメントありがとうございます!
女木島に行かなければ鬼が島だったってことも知らなかったでしょうね~
鬼が住んでいた洞窟はものすごく涼しくて、真夏の暑さから逃れるには最適の場所でした!
女木島に行った日に別のイベントもあり賑わっていたので
休校になるほど子供が少ないのは驚きでした。
でもそのうちにまた新入生が入ってくるかもしれないので
その間はこうして何かに使ってあげた方が建物も喜びそうですね。
虹はラッキーでしたよ!
それも旅の最後になんて、出来すぎてますよね^^♪

naomi #3un.pJ2M | URL
2010/11/08 22:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://somewhereanywhere.blog102.fc2.com/tb.php/714-ca8ecfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。