fc2ブログ

Somewhere Anywhere

日々の雑感を写真と共に

瀬戸内国際芸術祭2013【2日目・豊島その2】  

8月2日(金)

夜から朝にかけて降り続いた雨も
ボリューム満点朝食を食べる頃には上がり、日が照ってきました。
今日もツイてる!
晴天まではいかなくても、外を歩き回るには雲があったくらいがちょうどいいし。

今日の目的地は旅のメインでもある 「豊島美術館」
美術館も他の施設も開館時間の10時なので、豊島美術館にまず行くことにして宿を9時出発。
前回行った時はまだ美術館ができる前でしたが周辺はとても美しく、
でも時間がなく途中下車できなかったのが心残りだったので
今回は早目に行ってゆっくりしたかったのです。

tesima54.jpg

この美しい棚田風景、昔からあったものではなく
観光のために休耕田を耕してわざわざ作ったものなのです。
この日も手入れのためか朝から数人畑に出ていらっしゃいました。

tesima55.jpg


晴天ならこの先に真っ青な空と海が映っていたのですけど
これでも十分焼けるように暑かったです。

tesima56.jpg


海にダイブできそう
tesima57.jpg

まわりでは私達のように開館を待つ人たちが写真を撮っていました。
この急坂を登ってくる男子自転車集団も!

tesima58.jpg

あっという間に開館時間。
またいで行けるような小さな門が開きました。

小さなドームはチケットセンターとショップとカフェ。
tesima60.jpg

大きなドームが美術館です。
水滴を見るだけの建物ってどんなの?
ワクワク♪
tesima59.jpg

写真や映像や他人が書いたものでは伝えきれないですね。
やはり自分の目で見なければ。
豊島美術館はそういうところでした。
つまり、ここを読んでくださっている方にとってもです。
ぜひ自分の目で確かめてほしいです。

ドームの中は想像以上に高く広く感じました。
朝までの雨のせいで水たまりもできています。(もちろんドームの中のこと)

平日の朝一だったので人も少なく静寂を堪能できました。

天井の2ヶ所に開いた楕円形の穴からは流れる雲や木々の揺れが見え
風が入り 外の音が静かに聞こえ 水滴が水琴窟のような音を立て
数分前までいた世界とは全く違う世界が作られていました。

周りを十分堪能したら水滴見るのはちょっとの間でいいねと言っていたのは大間違い。
前日にはここに7時間もいた人がいたようです。

泊まった民宿のご主人が豊島美術館の工事にも係わってたらしく
前夜、興味深いお話を聞いていたのでそれも合わせて見ると
なるほど~な部分も。

次の目的地が待っていたので、重い腰を上げ美術館を出ました。

美術館が開く前に撮った写真もどうぞ

tesima61.jpg

tesima62.jpg

tesima63.jpg

tesima64.jpg

tesima65.jpg

空を邪魔するコンクリートの建物がないのは気持ちがいいですね。

(おまけ談)
うちの猫が最近凝ってる事はシンクの縁に座って中をずーっと見つめる事です。
きたないので乗らないよう怒るのですが、怒られてビクっとしながらも止めません。
生ゴミも何も置いてないので水滴を見てるとしか考えられません。
豊島美術館に連れて行ったら何時間でも座っていそうだな。

category: 写真・アート

tag: 瀬戸内国際芸術祭 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://somewhereanywhere.blog102.fc2.com/tb.php/897-3dc8f6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)