Somewhere Anywhere

日々の雑感を写真と共に

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

一箱古本市  

本の仕事に関わる人たちが中心になって本に関する様々なイベントが行われるブックオカ
その中のひとつ、「一箱古本市」初めて参加します。
一日だけ私が店主もどき箱主になります♪

けやき通りの両側に書店から個人まで、自分達で持ち寄った本を並べています。
台風もなんとかそれてくれたようですし、ケヤキ並木をお散歩しながら
美味しいお店に立ち寄りながら、気軽に遊びに来て下さいね。
もちろんただの冷やかしでも大歓迎です!
同じ日には近くで クラフトマーケット や 警固・赤坂・桜坂スタンぷらりぃ も開催されています。
どれもスタンプを集めると景品がもらえますよー♪

私はけやき通り北側、赤坂3丁目バス停近く、ジェラートの「ラッコルト」があるビルのあたりにいます。
お待ちしておりますね~(*^_^*)/

一箱古本市

日時:10月31日(日曜)
時間:11:00~16:00
場所:福岡市中央区赤坂のけやき通り
雨天順延:11日3日 開催決定
※マイバックをお忘れなく

101029.jpg

category:

tb: 0   cm: 4

ブックオカ  

books.jpg


今年で4回目のブックオカが始まりました。
10月18日から11月18日までの一ヶ月間、本や活字にまつわる様々なイベントが行われます。

その中でも楽しみは、ブックオカの期間中に文庫本を買うと有名イラストレーターの描き下ろし特製ブックカバーを掛けてもらえること♪
今年のカバーは西原理恵子さん。
さっそくカバー目的で本を買ったのに普通のカバー。 あれ?
聞くと「ブックオカは明日からです」 ええー?

しょうがない、、
来月もう一冊買いますです。

この時フロアーをぐるぐるぐるぐる回って買った本は森見登美彦の「新釈 走れメロス」。
太宰治、芥川龍之介、坂口安吾などの古典名作の文体を(多少)似せ、元作品のテーマは香り付け程度にとどめ、オリジナルを少々毒のある解釈で新しい作品に変えています。

森見さんの「恋文の技術」を書店でザザーっと立ち読みした時、面白い発想をする人だなあと、ここで少し気になっていたんです。
「新釈 走れメロス」も話の置き換えがうまいんですよね~
この本の中にある私が好きな「山月記」は、もう少し漢語の多い、いかにもな硬い文章だったらもっと良かったな、とは思いましたが。

でも面白かったのでもう一冊買ってみようかな。
西原さんのカバーでね♪
フリマのような古本市にも一度出店してみたいな。

BOOKUOKA

category:

三人展*写真集  

博多リバレイン地下2F文化芸術情報館アートリエにて
10/15(月)~21(日) 10:00~20:00まで
三人展の写真集が展示されます。

10月1日から31日の一ヶ月間、福岡市内で本に関するイベント 「ブックオカ」 が行われますが、
その中に絵本や写真集、小説などの作品をプリディオという本にして展示・販売するという企画があり、私達も出展させて頂いてます。
近くに寄られた際は、どうぞご覧になって下さい。

【会場】
文化情報芸術館 アートリエ
福岡市博多区下川端町3番1号 博多リバレイン地下2F
地下鉄「中洲川端」駅直結

pm7.jpg


category: 写真展

tb: 0   cm: 0

ブックカバー  




リリー・フランキーさんデザインのブックカバー見てニヤニヤしています。

本に関するイベントが様々な業種の本好きさんによって運営される 「ブックオカ」 は今年で二回目。
福岡出身のリリーさんが地元のイベントの為に作った特製カバーには
おでんくんが虹色の風船を持っているかわいいイラストがついています。
このカバーというのは書店で本を買った時に必ず言われる「カバー、おかけしますか?」の
あのカバーのことです。
本が汚れないようにするためのものですが、
汚さず大切にしておきたいカバーになってしまいました。
-- 続きを読む --

category:

tb: 0   cm: 2


FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。